東丹沢中津川上流のイワナと歴史を記す

北(裏)丹沢に位置する道志川や相模川上流域である桂川支流などは別として、昨今では東丹沢の中津川水系でもごく普通にイワナが釣れることが知られています。 タイトルは大げさになってしまいましたが、当ブログでは、相模川水系の釣り場や自然がテーマの記事を多く投稿していることもあり、このテーマも外せないところで […]

丹沢ヤマメと七不思議

深山幽谷に棲む渓魚たちは、時に人にとって神々しい存在に感じられることすらあるのは釣り人であれば誰しも経験するところだと思う。 たとえば、福島から長野の伊那、岐阜の奥美濃地方には「イワナ坊主」という大イワナが旅の僧侶に化けて村人の「毒流し漁」を諌めるといった昔話が分布している。 そういった話は、常に […]

道志川上流(奥道志)

山梨県南都留郡道志村長又の山伏峠(山中湖村との境)付近に端を発し、道志山塊・丹沢北西部の山地に広がる森林が貯えた水を集めて道志村を横断。 流域データ流域主方位 NE ( 63 °)主流長 22.3 km最高標高 1431.1 m最低標高 127.5 m平均標高 465.8 m道路延長 130.1 k […]

水沢川

宮ヶ瀬ダム完成後は直接、湖に流れ込むことが多くなったが、本来は宮ヶ瀬金沢とともに早戸川の代表する支流であった。 かつてはイワナの姿も見られたが、今はヤマメがメインの渓流釣り入門者向けの釣り場といっても良い好渓である。 流域データ流域主方位 E ( 93 °)主流長 6.9 km最高標高 1270.8 […]

道志川下流(中道志)

山梨県南都留郡道志村長又の山伏峠(山中湖村との境)付近に端を発し、道志山塊・丹沢北西部の山地に広がる森林が貯えた水を集めて道志村を横断。 神奈川県に入ると右岸が相模原市緑区津久井地区、左岸が同藤野・相模湖両地区の境を概ね東方向へ流れ、相模原市緑区三ケ木の津久井湖最上流部で相模川に合流する。 流域デー […]

中津川上流

上流部は丹沢山の東面を水源とする本谷川との合流点より中津川と呼ばれるようになり、その後、大山を水源とする唐沢川(からさわがわ)などと合流して宮ヶ瀬湖に流入する。 水系データ流域主方位 NW ( 334 °)主流長 8.7 km最高標高 1565.4 m最低標高 296.4 m平均標高 792.4 m […]

1 5 6