2015年6月

道志川上流(奥道志)

山梨県南都留郡道志村長又の山伏峠(山中湖村との境)付近に端を発し、道志山塊・丹沢北西部の山地に広がる森林が貯えた水を集めて道志村を横断。 流域データ流域主方位 NE ( 63 °)主流長 22.3 km最高標高 1431.1 m最低標高 127.5 m平均標高 465.8 m道路延長 130.1 km 神奈川県に入ると右岸が相模原市緑区津久野・相模湖両地区の境を概ね東方向へ流れ、相模原市緑区三ケ木 […]

水沢川

宮ヶ瀬ダム完成後は直接、湖に流れ込むことが多くなったが、本来は宮ヶ瀬金沢とともに早戸川の代表する支流であった。 かつてはイワナの姿も見られたが、今はヤマメがメインの渓流釣り入門者向けの釣り場といっても良い好渓である。 流域データ流域主方位 E ( 93 °)主流長 6.9 km最高標高 1270.8 m最低標高 296.7 m平均標高 648.6 m道路延長 14.9 km 支流伊勢沢音見沢焼小屋 […]

道志川下流(中道志)

山梨県南都留郡道志村長又の山伏峠(山中湖村との境)付近に端を発し、道志山塊・丹沢北西部の山地に広がる森林が貯えた水を集めて道志村を横断。 神奈川県に入ると右岸が相模原市緑区津久井地区、左岸が同藤野・相模湖両地区の境を概ね東方向へ流れ、相模原市緑区三ケ木の津久井湖最上流部で相模川に合流する。 流域データ流域主方位 NE ( 63 °)主流長 22.3 km最高標高 1431.1 m最低標高 127. […]

中津川上流

上流部は丹沢山の東面を水源とする本谷川との合流点より中津川と呼ばれるようになり、その後、大山を水源とする唐沢川(からさわがわ)などと合流して宮ヶ瀬湖に流入する。 水系データ流域主方位 NW ( 334 °)主流長 8.7 km最高標高 1565.4 m最低標高 296.4 m平均標高 792.4 m道路延長 75.2 km 支流唐沢川塩水川境沢(盥小屋沢)布川本谷川桶小屋沢 中津川上流と渓流釣り […]

秋山川

秋山川(あきやまがわ)は山梨県南東部及び神奈川県北部を流れる相模川水系の支流である。 最近はリニア建設などの諸問題もあり環境が懸念されてはいるが、未だ首都圏のアングラーにとっては名渓の一つに挙げられる。 流域データ水系     一級水系 相模川種別     一級河川延長     およそ15 km水源     雛鶴峠合流先    相模湖流域     山梨県南東部及び神奈川県北部 支流(神奈川県内に限 […]

神ノ川(カンノガワ)

  • 2015.06.09

丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西、檜洞丸等の主稜北面のいわゆる裏丹沢の西半分を占める全長およそ9キロの道志川最大支流である。 流域データ流域主方位 W ( 292 °)主流長 9.8 km最高標高 1672.0 m最低標高 369.0 m平均標高 938.0 m道路延長 29.7 km 支流エビラ沢伊勢沢孫右衛門岩水沢仏谷沢金山沢彦右衛門沢日陰沢矢駄沢社宮司沢 神ノ川と渓流釣り 関東大震災で一時は全滅 […]