Geo Sagami

ちいさな珍獣カワネズミをご存知か?

丹沢の渓流域で釣りをしていると、何やら流れの中に銀色の物体が右往左往していることがある。 釣りの邪魔となるわけで、こいつのおかげで良いポイントも台無し。 こいつの正体を知ったのは、だいぶ以前になるが、その名を「カワネズミ」とい...
渓流釣り場ガイド

日陰沢

犬越路を源流とする堰堤の多い沢だが、水量は豊富で神ノ川ヒュッテ付近の渓相は素晴らしい。 ただし、遡行に関しては、ゴーロ続きの流れと堰堤の多さに閉口してしまう釣り人も多く、過度な期待は禁物として探釣気分での入渓をおすすめしたい。 ...
野と山の花

シロヤシオ

本種は太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹です。 相模の野と山の花 シロヤシオとは ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となり、枝先に5枚の葉が輪生状に付くので、別名をゴヨウツツジ(五葉躑躅)と呼ばれる。...
野と山の花

ミヤマカタバミ

本種は山地の林の下に生えるカタバミ科のカタバミ属の多年草です。 相模の野と山の花 ミヤマカタバミとは 草丈5〜10cm。地下茎から長い葉柄を出し小葉を3枚付けます。 3~4月頃に白い5枚の花弁の花を咲かせます。 ...
渓魚よもやま話

赤いヤマメと相模のアマゴ

丹沢の渓で竿を出した方であれば、朱斑(必ずしも鮮明ではないが)を持つヤマメを釣ったことのある方も少なくはないと思う。 丹沢流域の古老が聞き取り調査などで語ったとされる「赤いヤマメ」。 この地で渓流釣りをされる方であれば神奈川県...
渓魚よもやま話

相模のアマゴ?

在来種としてのアマゴは神奈川県内に存在するのか? 今回のこのテーマも以前に投稿した一連の「丹沢におけるヤマメ在来種」とリンクしたものになります。 神奈川県内の在来アマゴ 個人的なこのテーマの解釈として、丹...
渓魚よもやま話

イワナの種類

最近に至るまで、当ブログでもイワナ(岩魚)に関する投稿が増えてきている。 これは好きだからと一言で語りつくせないほどにの魅力があるからなわけで、どこかユーモラスでありながら信じられないくらいの現流域までその姿を見せるワイルド...
渓魚よもやま話

丹沢の在来イワナを探る

このテーマについては、何回か投稿していますが、正直言ってカオス(混沌)に陥っているところですww 一般的には大正期の関東大震災で絶滅、あるいは本来、丹沢にイワナの生息地はなかったという説すらある丹沢の在来種。 ただし、道志川上...
釣りある記

2017 渓流釣行 Days3 マッコ沢(間子小屋沢)

7月も下旬ということで、連日30℃越えの猛暑、関東では水不足も懸念されています。 涼を求めるには、休日の渓入りが一番というわけで、今回は中津川水系早戸川支流の荒沢(あれさわ)のさらに支流のマッコ沢(間子小屋沢)に入渓してみました。...
渓流釣り場ガイド

串川

丹沢の渓流釣り場として忘れられている感のある串川(くしかわ)だが、中津川と道志川の間、相模原市緑区に全長13㎞の流域を持つ相模川支流の一つで、意外性に期待したい好渓。 昨今では水質も安定し、漁協の管理次第では、裏(北)丹沢でも数少な...
タイトルとURLをコピーしました