野と山の花

ツリフネソウ

相模の野と山の花ツリフネソウとは 本種は山野の林内や沢沿いなどのやや湿ったところに多いツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。 草丈50~80cm。 葉は広披針形で、長さ5〜13cm、幅2〜6cm。縁に細い鋸歯があ...
野と山の花

タマガワホトトギス

相模の野と山の花 タマガワホトトギスとは 本種は山地の沢など谷沿いに見られるユリ科ホトトギス属の多年草です。 葉は広楕円形で長さ8~18cm、基部は茎を抱き、茎頂や上部葉腋に数個の黄色い花をつけます。 また、 タ...
野と山の花

オカタツナミソウ

相模の野と山の花 オカタツナミソウとは 本種は本州から九州の山地や丘陵の林内や草地の木陰に生える20〜40㎝の多年草 です。 タツナミソウに似るが、花序は上下に長くならずにほぼ同じ高さに花が集まってつき、その花の色はタ...
野と山の花

ツルシロカネソウ

本種は落葉樹林の林床に生える小型の多年草で、草丈は10~20㎝ほどの可憐な花です。 相模の野と山の花 シロツルカネソウとは 類似種や近縁種も多いのが、ニリンソウなどよりは一回り小型で繊細な感じがする。 植物学上...
渓流釣り場ガイド

狩川

狩川(かりかわ)は、箱根外輪山金時山(1213)を水源とする酒匂川の支流であり北東流し、「夕日の滝」を構える内川の東隣を並行して流れるが各々、独立して流入、R255の飯泉橋で酒匂川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ ...
渓流釣り場ガイド

タライ小屋沢(境沢)

タライ小屋沢は、行者ヶ岳や新大日を水源にほぼ東流して札掛で布川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 36 °)主流長 4.4 km最高標高 1322.8 m最低標高 461.5 m平均標高 855....
歴史と伝説

金太郎伝説と内川流域

箱根外輪山最高峰(1213)金時山に源を発する内川(うちかわ)は、隣の狩川と並び渓流釣り場としても知られるが、流域は「金太郎」ゆかりの地でもある。 日本の昔話でも桃太郎などと並び、筆頭ともいうべきヒーローの一人である彼は何者なのかは...
渓流釣り場ガイド

水無川

酒匂川漁協管轄の四十八瀬川と尾根一つで接しながらも、花水川水系の金目川支流とあって管轄漁協はなく、渓流釣り場としてはノーマークとするアングラーも少なくはない。 水無川(みずなしがわ)はその名に反して、”水量あり落差あり”といった好渓...
渓魚よもやま話

西丹沢のイワナ

県内のイワナ生息に関して、西丹沢の河内川上流域には古来から生息はなかったとされている。 しかし、記録や伝承の域を脱しない話の中において、しばしば「いや、イワナの存在は確かにあったはずだ。」といった地元の聞き取り調査の結果など...
渓流釣り場ガイド

大日沢

大日沢(だいにちざわ)は、中津川支流本谷川本渓の最上流にあたる。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 37 °)主流長 1.6 km最高標高 1383.4 m最低標高 747.0 m平均標高 1061.5 m植...
渓流釣り場ガイド

大又沢

大又沢(おおまたさわ)は酒匂川水系世附川の最大支流で大きな流れにもかかわらず、昭和期以降西丹沢でも唯一の無人帯であり自然の残ることで知られる人気ポイントである。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 SE ( 122 °)...