釣りある記

2019 渓流釣行 Days1 タライ小屋沢

今年も神奈川県内の渓流釣りもシーズンを迎え、すでに一月以上経ってしまってはいるが生活上の諸問題や持病ともいうべき花粉症のせいで、この春は竿を出せないでいた。 釣り具や本年度のライセンスなどが用意されたまま、物言いたげに転がっ...
渓魚よもやま話

相模の赤いヤマメ

ここ数年、当ブログがテーマの一つに登場してきた「相模の赤いヤマメ」について。今回は、しがないアングラーなりの結果報告となる。 相模の赤いヤマメは何者か? ヤマメだが赤みが強くアマゴのような赤色斑点が見られる この...
釣りある記

2018 渓流釣行 Days1 上唐沢川

この投稿はすでに8月末となってしまいましたが、6月末に訪れてみた丹沢の大山を水源とする相模川支流中津川の上流、唐沢川の最上流部は上唐沢へ入渓した記録となります。 遡行図はこちら »上唐沢川遡行図 原始の姿をとどめる数少...
野と山の花

ツリフネソウ

相模の野と山の花ツリフネソウとは 本種は山野の林内や沢沿いなどのやや湿ったところに多いツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。 草丈50~80cm。 葉は広披針形で、長さ5〜13cm、幅2〜6cm。縁に細い鋸歯があ...
野と山の花

タマガワホトトギス

相模の野と山の花 タマガワホトトギスとは 本種は山地の沢など谷沿いに見られるユリ科ホトトギス属の多年草です。 葉は広楕円形で長さ8~18cm、基部は茎を抱き、茎頂や上部葉腋に数個の黄色い花をつけます。 また、 タ...
野と山の花

オカタツナミソウ

相模の野と山の花 オカタツナミソウとは 本種は本州から九州の山地や丘陵の林内や草地の木陰に生える20〜40㎝の多年草 です。 タツナミソウに似るが、花序は上下に長くならずにほぼ同じ高さに花が集まってつき、その花の色はタ...
野と山の花

ツルシロカネソウ

本種は落葉樹林の林床に生える小型の多年草で、草丈は10~20㎝ほどの可憐な花です。 相模の野と山の花 シロツルカネソウとは 類似種や近縁種も多いのが、ニリンソウなどよりは一回り小型で繊細な感じがする。 植物学上...
渓流釣り場ガイド

狩川

狩川(かりかわ)は、箱根外輪山金時山(1213)を水源とする酒匂川の支流であり北東流し、「夕日の滝」を構える内川の東隣を並行して流れるが各々、独立して流入、R255の飯泉橋で酒匂川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ ...
渓流釣り場ガイド

タライ小屋沢(境沢)

タライ小屋沢は、行者ヶ岳や新大日を水源にほぼ東流して札掛で布川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 36 °)主流長 4.4 km最高標高 1322.8 m最低標高 461.5 m平均標高 855....
歴史と伝説

金太郎伝説と内川流域

箱根外輪山最高峰(1213)金時山に源を発する内川(うちかわ)は、隣の狩川と並び渓流釣り場としても知られるが、流域は「金太郎」ゆかりの地でもある。 日本の昔話でも桃太郎などと並び、筆頭ともいうべきヒーローの一人である彼は何者なのかは...
タイトルとURLをコピーしました