釣りある記

2018 渓流釣行 Days1 上唐沢川

この投稿はすでに8月末となってしまいましたが、6月末に訪れてみた丹沢の大山を水源とする相模川支流中津川の上流、唐沢川の最上流部は上唐沢へ入渓した記録となります。 遡行図はこちら »上唐沢川遡行図 原始の姿をとどめる数少...
渓流釣り場ガイド

狩川

狩川(かりかわ)は、箱根外輪山金時山(1213)を水源とする酒匂川の支流であり北東流し、「夕日の滝」を構える内川の東隣を並行して流れるが各々、独立して流入、R255の飯泉橋で酒匂川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ ...
渓流釣り場ガイド

タライ小屋沢

タライ小屋沢は盥小屋沢(たらいごやさわ)や境沢と呼ぶ場合もあるが、行者ヶ岳を水源にほぼ東流して札掛で布川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 36 °)主流長 4.4 km最高標高 1322.8 m...
歴史と伝説

金太郎伝説と内川流域

箱根外輪山最高峰(1213)金時山に源を発する内川(うちかわ)は、隣の狩川と並び渓流釣り場としても知られるが、流域は「金太郎」ゆかりの地でもある。 日本の昔話でも桃太郎などと並び、筆頭ともいうべきヒーローの一人である彼は何者なのかは...
渓流釣り場ガイド

水無川

酒匂川漁協管轄の四十八瀬川と尾根一つで接しながらも、花水川水系の金目川支流とあって管轄漁協はなく、渓流釣り場としてはノーマークとするアングラーも少なくはない。 水無川(みずなしがわ)はその名に反して、”水量あり落差あり”といった好渓...
渓魚よもやま話

西丹沢のイワナ

県内のイワナ生息に関して、西丹沢の河内川上流域には古来から生息はなかったとされている。 しかし、記録や伝承の域を脱しない話の中において、しばしば「いや、イワナの存在は確かにあったはずだ。」といった地元の聞き取り調査の結果など...
渓流釣り場ガイド

大日沢

大日沢(だいにちざわ)は、中津川支流本谷川本渓の最上流にあたる。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 37 °)主流長 1.6 km最高標高 1383.4 m最低標高 747.0 m平均標高 1061.5 m植...
渓流釣り場ガイド

大又沢

大又沢(おおまたさわ)は酒匂川水系世附川の最大支流で大きな流れにもかかわらず、昭和期以降西丹沢でも唯一の無人帯であり自然の残ることで知られる人気ポイントである。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 SE ( 122 °)...
渓流釣り場ガイド

鳥屋鐘沢

早戸川水系支流の中でも”人の目から触れにくい”といった点では意外な秘渓といえる釣り場。 入渓直後はゴルジュ帯が続き、一見険しさを感じるものの大滝先を過ぎると癒しの沢といった平凡な渓相が続く。 画像クリックで拡大 流域デー...
渓流釣り場ガイド

桶小屋沢(金山沢)

桶小屋沢(おけごやさわ)は、塩水、本谷川と名の知られた釣り場の近くにありながら、つい見過ごしがちでマイナーな沢だ。本間ノ頭(1346)を水源とし、本谷川下流にそそぐ小渓である。 魚信は早期から薄い印象を受けるが、小滝も多く以外に長い...
スポンサーリンク