西丹沢

Fishing

丹沢の林道修復遅れと縦割り行政における修復の弊害

2019年10月、丹沢のみならず、日本中の山間部などに被害を与えた台風19号。当然ながら、各林道にも大変な被害を与えたのはご承知のことかと思う。 2019年の10月以降、関東、中部、東北などの林道の多くが通行止めとなっており...
Fishing

2020解禁前の丹沢渓流釣り場アクセス状況

はてさて、年も変わり暦で言えば春を過ぎ、そろそろタックルの用意などに精を出している丹沢を愛するアングラーも少なくはないと想像している最近になった。 ところで、令和元年(2019)秋の台風19号による丹沢の被害は甚大なものとな...
渓魚よもやま話

西丹沢のイワナ

県内のイワナ生息に関して、西丹沢の河内川上流域には古来から生息はなかったとされている。 しかし、記録や伝承の域を脱しない話の中において、しばしば「いや、イワナの存在は確かにあったはずだ。」といった地元の聞き取り調査の結果など...
渓流釣り場ガイド

大又沢

大又沢(おおまたさわ)は酒匂川水系世附川の最大支流で大きな流れにもかかわらず、昭和期以降西丹沢でも唯一の無人帯であり自然の残ることで知られる人気ポイントである。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 SE ( 122 °)...
渓流釣り場ガイド

桧洞沢(ユーシン沢)

しばしば、どちらが本流でどちらが支流なのかで考えさせられることがあるが、河川法の解釈によれば、水量の優劣にかかわらず合流点で落ち込む側が支流にあたるなど言われもし、あいまいな点が多いものだ。 この沢もその典型ではなかろうか。一般には...
渓魚よもやま話

相模のアマゴ?

在来種としてのアマゴは神奈川県内に存在するのか? 今回のこのテーマも以前に投稿した一連の「丹沢におけるヤマメ在来種」とリンクしたものになります。 神奈川県内の在来アマゴ 個人的なこのテーマの解釈として、丹...
釣りある記

2016 渓流釣行 Days4 玄倉川

まだまだ、暑い日が続きます。 暑いとはいっても、お盆を過ぎると朝夕は涼しさを感じて来るものですね^^ と、いうことで今年も山釣りは何回もいけないだろうと、玄倉川へ行ってきました。 遡行図はこちらになります。 »玄...
渓流釣り場ガイド

玄倉川

玄倉川(くろくらがわ)は塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳と連なる主脈を流れる箒杉沢と熊木沢が合流、さらに檜洞丸からのユーシン沢と小川谷を併せて南下し玄倉にて丹沢湖に流入する全長約14km、丹沢山地の最深部を流れとする酒匂川の源流の一つ。 画像...
釣りある記

2016 渓流釣行 Days1 玄倉川釣行

5月の釣行以来、一月ぶりの西丹は酒匂川水系の釣りとなります。 前回同様に先輩のN氏の案内によるところではあるのですが、さすがに6月24日の梅雨真っ盛りといったこの時期。 安全策を取って、今回も玄倉川上流へ入渓することに...
歴史と伝説

これは凄い! 丹沢ヤマメと七不思議

深山幽谷に棲む渓魚たちは、時に人にとって神々しい存在に感じられることすらあるのは釣り人であれば誰しも経験するところだと思う。 丹沢の大ヤマメ伝説 たとえば、福島から長野の伊那、岐阜の奥美濃地方には「イワナ坊主」という大...