春の花

野と山の花

ジロボウエンゴサク

本種は川岸や低地の草原などに生えるケシ科キケマン属の多年草です。 相模の野と山の花 ジロボウエンゴサクとは 草丈は10〜20cmほど。 全草が白みを帯びた緑色で、やわらかく小型で繊細な姿をしています。 花は...
野と山の花

ヨゴレネコノメソウ

本種は山地の沢沿いなど、湿ったところにみられるユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。 相模の野と山の花 ヨゴレネコノメソウとは 草丈は5〜15cmほどで、関東以西の本州から九州に分布する「イワボタン」の変種です。 ...
野と山の花

アセビ

本種は山地の日当たりのよいところにみられるツツジ科アセビ属の常緑低木です。 相模の野と山の花 アセビとは 本州(東北より南)、四国、九州に分布し、樹高は1.5〜4mほどで、古木などは6m近くに達するものもある。 ...
野と山の花

アリアケスミレ

本種は路傍、荒地などでふつうに見られるスミレ科スミレ属の多年草です。 相模の野と山の花 アリアケスミレとは やや湿った場所を好むが、丈夫で市街地にも生え、和名は花の色が有明の空のように変化に富むことに由来しまするといわ...
野と山の花

ニリンソウ

本種は野山の湿潤な場所に見られるキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。 相模の野と山の花 ニリンソウとは 群生することが多く、春山を代表する花のひとつです。 茎に付く葉には柄がなく、その間から1〜4輪の花が次々...
野と山の花

ハルユキノシタ

本種は山地の岩上などに見られるユキノシタ科ユキノシタ属の多年草です。 丹沢の野と山の花 ハルユキノシタとは 日本固有種で、関東地方から近畿地方の山地の岩上に生えます。 長さ2〜6cm、幅2〜7cmの葉は緑色で斑紋...
野と山の花

フデリンドウ

本種は山地の林内や日当たりがよく、やや乾いた草原などに自生するリンドウ科リンドウ属の越年草です。 丹沢の野と山の花 フデリンドウとは 草丈5~10cmほどで、葉は対生し、形は広卵形でやや厚めです。 漏斗状の青紫色...
野と山の花

ミツバツチグリ

本種は日当たりのよい丘陵地、草原などにみられるバラ科キジムシロ属の多年草です。 相模の野と山の花 ミツバツチグリとは 草丈15~30cmで、葉は3枚の小葉からなり、花茎に径10-15mmの黄色い5弁花を10数個咲かせま...
野と山の花

ダンコウバイ

本種は野山の落葉樹林内や林縁に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉小木の一種です。 相模の野と山の花 ダンコウバイとは 中国、朝鮮、日本に分布し庭木などにも利用され、樹高2.5~6m、幹の直径は約18cm前後。 葉...
野と山の花

ミヤマキケマン

本種は山地の日当たりのよい林縁や谷川の礫地などに見られるフウロケマンの変種で、ケシ科キケマン属の越年草です。 丹沢の野と山の花 ミヤマキケマンとは 草丈20~50cm。茎の先に3~10cmの総状花序をなし、黄色い長さ約...
野と山の花

サンシュユ

本種は中国原産の帰化植物で、切り花や庭木、公園樹などとしても身近なミズキ目ミズキ科の落葉小高木です。 相模の野と山の花 サンシュユとは 花びらの先が米粒のように丸くなっているのが特徴で、ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマ...