北丹沢

Fishing

丹沢の林道修復遅れと縦割り行政における修復の弊害

2019年10月、丹沢のみならず、日本中の山間部などに被害を与えた台風19号。当然ながら、各林道にも大変な被害を与えたのはご承知のことかと思う。 2019年の10月以降、関東、中部、東北などの林道の多くが通行止めとなっており...
Fishing

2020早戸川水系無残

神奈川県を流れる相模川水系中津川支流にあたる早戸川水系は、首都圏の渓流釣りファンにとって外すことのできない流域であると思う。 2019秋の台風被害による爪痕はこの水域にも多く、前回ポストした 2020 渓流釣行 Days1 宮ヶ瀬...
Fishing

2020解禁前の丹沢渓流釣り場アクセス状況

はてさて、年も変わり暦で言えば春を過ぎ、そろそろタックルの用意などに精を出している丹沢を愛するアングラーも少なくはないと想像している最近になった。 ところで、令和元年(2019)秋の台風19号による丹沢の被害は甚大なものとな...
渓魚よもやま話

相模の赤いヤマメ

ここ数年、当ブログがテーマの一つに登場してきた「相模の赤いヤマメ」について。今回は、しがないアングラーなりの結果報告となる。 相模の赤いヤマメは何者か? ヤマメだが赤みが強くアマゴのような赤色斑点が見られる この...
渓流釣り場ガイド

鳥屋鐘沢

早戸川水系支流の中でも”人の目から触れにくい”といった点では意外な秘渓といえる釣り場。 入渓直後はゴルジュ帯が続き、一見険しさを感じるものの大滝先を過ぎると癒しの沢といった平凡な渓相が続く。 画像クリックで拡大 流域デー...
渓魚よもやま話

道志川イワナの再考

長い冬、アングラー(釣り人)としては、ただ悶々と渓に思いを馳せるのも良し、管釣りで感を養うのも良しといった時期ではある。 地図と記憶と情報を頼りに机上で来シーズンに備えるのも良しといったところに落ち着いている昨今です。 ...
渓流釣り場ガイド

金山谷

金山谷(かなやまだに)は、神ノ川最上流の本渓で、一部には高巻きやゴルジュなど悪場があるものの、全体的に見れば明るく開けた感のあるイワナの渓である。 広河原から仏谷二股まで1時間、さらに遡行すると流れを二分するジンギの沢出合まで二時間...
渓流釣り場ガイド

綱子川

山梨県側を多く流れとしている秋山川の支流だが、神奈川県に位置し、安寺沢出合いの一つ下流に本流と出合う。 綱子川(つなこがわ)を綱子沢と呼ぶこともあり、放流については漁業権など不明な点が多く、詳細は不明で忘れ去られた感のある相模の小渓...
渓流釣り場ガイド

日陰沢

犬越路を源流とする堰堤の多い沢だが、水量は豊富で神ノ川ヒュッテ付近の渓相は素晴らしい。 ただし、遡行に関しては、ゴーロ続きの流れと堰堤の多さに閉口してしまう釣り人も多く、過度な期待は禁物として探釣気分での入渓をおすすめしたい。 ...
釣りある記

2017 渓流釣行 Days3 マッコ沢(間子小屋沢)

7月も下旬ということで、連日30℃越えの猛暑、関東では水不足も懸念されています。 涼を求めるには、休日の渓入りが一番というわけで、今回は中津川水系早戸川支流の荒沢(あれさわ)のさらに支流のマッコ沢(間子小屋沢)に入渓してみました。...
渓流釣り場ガイド

串川

丹沢の渓流釣り場として忘れられている感のある串川(くしかわ)だが、中津川と道志川の間、相模原市緑区に全長13㎞の流域を持つ相模川支流の一つで、意外性に期待したい好渓。 昨今では水質も安定し、漁協の管理次第では、裏(北)丹沢でも数少な...