ヤマメ

釣りある記

2020 渓流釣行 Days1 宮ヶ瀬金沢川

昨年(2019)秋の台風19号の爪痕は、凄まじいまでに今シーズンの丹沢にダメージを残している。 旧丹沢林道である県道70号線も復旧の見通しは立ってはおらず、各林道も同じくと言った状況で釣り場へのアクセスに難儀している丹沢を愛...
Fishing

2020解禁前の丹沢渓流釣り場アクセス状況

はてさて、年も変わり暦で言えば春を過ぎ、そろそろタックルの用意などに精を出している丹沢を愛するアングラーも少なくはないと想像している最近になった。 ところで、令和元年(2019)秋の台風19号による丹沢の被害は甚大なものとな...
Fishing

2019 今年の丹沢渓流釣りを振り返る

2017年度からの台風被害により、2018年度は林道など丹沢においても崩落個所などが多く、今年2019年には、やっと各フィールドに訪れることも容易になりつつあった。復旧も進んでいたかと思えば、この秋の台風19号によって多くの箇所が...
渓流釣り場ガイド

四十八瀬川

四十八瀬川(しじゅうはっせがわ)丹沢山塊は鍋割山稜に源を発し、南流する。秦野市の八沢(はっさわ)で表丹沢中津川と合わせ川音川となる。 画像クリックで拡大 流域データ 流域主方位 S ( 181 °) 主流長 11.8 km ...
釣りある記

2019 渓流釣行 Days2 本谷川

投稿は遅れたが、前回のタライ小屋沢に続き、同じく数年ぶりの本谷川釣行を記録してみる。 遡行図はこちら » 本谷川遡行図 大自然残る癒しの流れ本谷川流域 本谷川は、中津川本渓の布川(藤熊川)をはじめ、唐沢川 、塩...
渓魚よもやま話

相模の赤いヤマメ

ここ数年、当ブログがテーマの一つに登場してきた「相模の赤いヤマメ」について。今回は、しがないアングラーなりの結果報告となる。 相模の赤いヤマメは何者か? ヤマメだが赤みが強くアマゴのような赤色斑点が見られる この...
釣りある記

2018 渓流釣行 Days1 上唐沢川

この投稿はすでに8月末となってしまいましたが、6月末に訪れてみた丹沢の大山を水源とする相模川支流中津川の上流、唐沢川の最上流部は上唐沢へ入渓した記録となります。 遡行図はこちら »上唐沢川遡行図 原始の姿をとどめる数少...
渓流釣り場ガイド

狩川

狩川(かりかわ)は、箱根外輪山金時山(1213)を水源とする酒匂川の支流であり北東流し、「夕日の滝」を構える内川の東隣を並行して流れるが各々、独立して流入、R255の飯泉橋で酒匂川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ ...
渓流釣り場ガイド

タライ小屋沢(境沢)

タライ小屋沢は、行者ヶ岳や新大日を水源にほぼ東流して札掛で布川と合流する。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 36 °)主流長 4.4 km最高標高 1322.8 m最低標高 461.5 m平均標高 855....
渓流釣り場ガイド

水無川

酒匂川漁協管轄の四十八瀬川と尾根一つで接しながらも、花水川水系の金目川支流とあって管轄漁協はなく、渓流釣り場としてはノーマークとするアングラーも少なくはない。 水無川(みずなしがわ)はその名に反して、”水量あり落差あり”といった好渓...
渓流釣り場ガイド

大日沢

大日沢(だいにちざわ)は、中津川支流本谷川本渓の最上流にあたる。 画像クリックで拡大 流域データ流域主方位 NE ( 37 °)主流長 1.6 km最高標高 1383.4 m最低標高 747.0 m平均標高 1061.5 m植...