野と山の花

野と山の花

いいえ、それも 丹沢のスミレです

当ブログでも、「相模の花」というカテゴリーで、野や山の花を図鑑的に掲載しているところではありますが、スミレの種の多いことにおどろかされています^^ 恥ずかしながら、以前はドレモコレモ、十把一絡げ(じゅっぱひとからげ)にスミレで自己消...
野と山の花

スミレ

本種は日当たりの良い海岸付近や山野などに生えるスミレ科スミレ属の植物の総称で、代表種でもある多年草です。 相模の野と山の花 スミレとは 花は大型で濃い紫色で、側花弁の内側はに白い毛があります。 葉は、厚みと光沢が...
野と山の花

ミヤマカタバミ

本種は山地の林の下に生えるカタバミ科のカタバミ属の多年草です。 相模の野と山の花 ミヤマカタバミとは 草丈5〜10cm。地下茎から長い葉柄を出し小葉を3枚付けます。 3~4月頃に白い5枚の花弁の花を咲かせます。 ...
野と山の花

ミヤマカラマツ

本種は、亜高山帯などの森林の縁などで見られるキンポウゲ科カラマツソウ属の落葉性多年草です。 相模の野と山の花 ミヤマカラマツとは 草丈は50~60cmほど。 細い茎先に複数の散房花序を咲かせますが、花のように見え...
野と山の花

ヤマウツボ

本種は湿り気を帯びた山地など、落葉樹林内に見られるゴマノハグサ科ヤマウツボ属の多年草です。 札掛境沢林道際のヤマウツボ 相模の野と山の花 ヤマウツボとは 草丈は10〜20cmほど。 寄生植物の一種で、葉緑素をまった...
野と山の花

コゴメウツギ

本種は、山地など日当たりの良い場所でふつうにみられるバラ科コゴメウツギ属の落葉低木です。 丹沢の野と山の花 コゴメウツギとは 樹高は、2.5mほどまでで、林道わきなどの崖上の斜面などで分枝し、横に広がり薮状態になる。 ...
野と山の花

ヒゴスミレ

本種は亜高山帯の草地にみられ、葉は5裂してさらに深く切れ込み、白色の花を咲かせるスミレです。 相模の野と山の花 ヒゴスミレとは 草丈は、5〜10cmほど。 葉に特徴が見られ、葉は3裂し、先端で5裂状となり、小葉は...
野と山の花

ウツギ

本種は日当たりの良い山野にみられるアジサイ科ウツギ属の落葉低木です。 丹沢の野と山の花 ウツギとは 本来、卯月は旧暦4月を指すが、この卯の花が咲く季節から、卯月と名付けられたとされるが、これには逆説もあり、卯月のころに...
野と山の花

ヒナスミレ

本種は山地の明るい林のふちや林内にみられるスミレ科スミレ属の多年草です。 相模の野と山の花 ヒナスミレとは 草丈5㎝ほどで、スミレのプリンセスなどと観察には人気のある淡いピンク色の清楚な花を咲かせる。 白花種や葉...
野と山の花

フタリシズカ

早戸川林道 本種は丘陵地〜山地の林内にみられるセンリョウ科チャラン属の多年草です。 相模の野と山の花 フタリシズカとは 草丈は30〜60cmほどで、茎の上部に長楕円形の葉を4〜6個付ける。 直立した花穂に白い円形の...
スポンサーリンク