丹沢で見られる野山の花

野と山の花

ツリフネソウ

相模の野と山の花ツリフネソウとは 本種は山野の林内や沢沿いなどのやや湿ったところに多いツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。 草丈50~80cm。 葉は広披針形で、長さ5〜13cm、幅2〜6cm。縁に細い鋸歯があ...
野と山の花

タマガワホトトギス

相模の野と山の花 タマガワホトトギスとは 本種は山地の沢など谷沿いに見られるユリ科ホトトギス属の多年草です。 葉は広楕円形で長さ8~18cm、基部は茎を抱き、茎頂や上部葉腋に数個の黄色い花をつけます。 また、 タ...
野と山の花

オカタツナミソウ

相模の野と山の花 オカタツナミソウとは 本種は本州から九州の山地や丘陵の林内や草地の木陰に生える20〜40㎝の多年草 です。 タツナミソウに似るが、花序は上下に長くならずにほぼ同じ高さに花が集まってつき、その花の色はタ...
野と山の花

ツルシロカネソウ

本種は落葉樹林の林床に生える小型の多年草で、草丈は10~20㎝ほどの可憐な花です。 相模の野と山の花 シロツルカネソウとは 類似種や近縁種も多いのが、ニリンソウなどよりは一回り小型で繊細な感じがする。 植物学上...
野と山の花

いいえ、それも 丹沢のスミレです

当ブログでも、「相模の花」というカテゴリーで、野や山の花を図鑑的に掲載しているところではありますが、スミレの種の多いことにおどろかされています^^ 恥ずかしながら、以前はドレモコレモ、十把一絡げ(じゅっぱひとからげ)にスミレで自己消...
野と山の花

スミレ

本種は日当たりの良い海岸付近や山野などに生えるスミレ科スミレ属の植物の総称で、代表種でもある多年草です。 相模の野と山の花 スミレとは 花は大型で濃い紫色で、側花弁の内側はに白い毛があります。 葉は、厚みと光沢が...
野と山の花

シロヤシオ

本種は太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹です。 相模の野と山の花 シロヤシオとは ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となり、枝先に5枚の葉が輪生状に付くので、別名をゴヨウツツジ(五葉躑躅)と呼ばれる。...
野と山の花

ミヤマカタバミ

本種は山地の林の下に生えるカタバミ科のカタバミ属の多年草です。 相模の野と山の花 ミヤマカタバミとは 草丈5〜10cm。地下茎から長い葉柄を出し小葉を3枚付けます。 3~4月頃に白い5枚の花弁の花を咲かせます。 ...
野と山の花

キツネノカミソリ

相模の野と山の花 キツネノカミソリとは 本種は本州から九州の山地や丘陵に見られるヒガンバナ科ヒガンバナ属 の多年草です。 草丈は30〜50cmになり、黄赤色の花を散形状に3〜5個つける。 花は、よく似た近縁種の...
野と山の花

コアジサイ

本種は、林道沿いや伐採の跡地、山地の明るい場所でふつうに見られるアジサイ科アジサイ属の落葉低木 です。 相模の野と山の花 コアジサイとは 草丈は 1〜2m ほどで、 葉は卵形から倒卵形で縁に荒い鋸歯があり 、 淡青色の...
タイトルとURLをコピーしました