動植物など自然がテーマの投稿

神奈川県内の自然に関する投稿

Geo Sagami

丹沢のヤマビル事情

振り返れば、Tanzawa's land leech.(丹沢のヤマビル)。正直言って、2019のシーズン中もトレッキングであれ渓流釣りであれ、悩まされた最大のストレス要因となった。 はっきりはしない昔の話として、これを前提に...
2020.03.23
Geo Sagami

シャクガ舞う初夏

地域的な違いはあれど、神奈川県内ではゴールデンウィーク前後から樹上や付近をヒラヒラと舞うモンシロチョウ?の群れを見かけた方も少なくはないはず。 群れなすモンシロチョウに違和感を感じ、ちょっとばかり調べたことがあるので今回はそのお話を...
2019.12.19
野と山の花

カキドオシ

相模の野と山の花カキドオシとは 本種は、草丈が 5〜25cmのシソ科カキドオシ属 の多年草です。 茎や葉を揉むと良い香りがする特徴があり、主に平地や丘陵地の道端など生える ことが多い。 葉の形はツボクサに似てい...
スポンサーリンク
野と山の花

ツリフネソウ

相模の野と山の花ツリフネソウとは 本種は山野の林内や沢沿いなどのやや湿ったところに多いツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。 草丈50~80cm。 葉は広披針形で、長さ5〜13cm、幅2〜6cm。縁に細い鋸歯があ...
2019.10.14
野と山の花

タマガワホトトギス

相模の野と山の花 タマガワホトトギスとは 本種は山地の沢など谷沿いに見られるユリ科ホトトギス属の多年草です。 葉は広楕円形で長さ8~18cm、基部は茎を抱き、茎頂や上部葉腋に数個の黄色い花をつけます。 また、 タ...
2019.10.14
野と山の花

オカタツナミソウ

相模の野と山の花 オカタツナミソウとは 本種は本州から九州の山地や丘陵の林内や草地の木陰に生える20〜40㎝の多年草 です。 タツナミソウに似るが、花序は上下に長くならずにほぼ同じ高さに花が集まってつき、その花の色はタ...
2019.10.11
野と山の花

ツルシロカネソウ

本種は落葉樹林の林床に生える小型の多年草で、草丈は10~20㎝ほどの可憐な花です。 相模の野と山の花 シロツルカネソウとは 類似種や近縁種も多いのが、ニリンソウなどよりは一回り小型で繊細な感じがする。 植物学上...
2019.10.12
野と山の花

いいえ、それも 丹沢のスミレです

当ブログでも、「相模の花」というカテゴリーで、野や山の花を図鑑的に掲載しているところではありますが、スミレの種の多いことにおどろかされています^^ 恥ずかしながら、以前はドレモコレモ、十把一絡げ(じゅっぱひとからげ)にスミレで自己消...
2019.06.14
野と山の花

スミレ

本種は日当たりの良い海岸付近や山野などに生えるスミレ科スミレ属の植物の総称で、代表種でもある多年草です。 相模の野と山の花 スミレとは 花は大型で濃い紫色で、側花弁の内側はに白い毛があります。 葉は、厚みと光沢が...
2019.05.14
Geo Sagami

ちいさな珍獣カワネズミをご存知か?

丹沢の渓流域で釣りをしていると、何やら流れの中に銀色の物体が右往左往していることがある。 釣りの邪魔となるわけで、こいつのおかげで良いポイントも台無し。 こいつの正体を知ったのは、だいぶ以前になるが、その名を「カワネズミ」とい...
2019.05.18
野と山の花

シロヤシオ

本種は太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹です。 相模の野と山の花 シロヤシオとは ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となり、枝先に5枚の葉が輪生状に付くので、別名をゴヨウツツジ(五葉躑躅)と呼ばれる。...
2019.10.11
タイトルとURLをコピーしました