カキドオシ

相模の野と山の花 カキドオシとは

本種は、草丈が 5〜25cmのシソ科カキドオシ属 の多年草です。

茎や葉を揉むと良い香りがする特徴があり、主に平地や丘陵地の道端など生える ことが多い。

葉の形はツボクサに似ているが、カキドオシは茎が四角形で毛があるので見分けられる。

学名  Glechoma hederacea ssp. grandis
和 名 籬通、垣通し
科目名 シソ
属 名 カキドオシ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 平地・丘陵地の路傍草地
分 類 多年草
花 期 4~5月
花の色 淡赤色
高 さ 5~25cm
別 名 カントリソウ