2020解禁前の丹沢渓流釣り場アクセス状況

この記事は約3分で読めます。

はてさて、年も変わり暦で言えば春を過ぎ、そろそろタックルの用意などに精を出している丹沢を愛するアングラーも少なくはないと想像している最近になった。

ところで、令和元年(2019)秋の台風19号による丹沢の被害は甚大なものとなっていたのはご承知かと思う。

2020(令和2年)の渓流釣り解禁を前にして各フィールドへのアクセスに懸念を抱いているアングラーも少なくはないであろうと思い、今回は状況を調べてみた次第である。

スポンサーリンク

東丹沢の大動脈県道70号も壊滅的とか

神奈川県のHPでも PDF:県道70号(秦野清川)における清川村内区間の通行止めについて として告知されているほどなので一読されてみていただきたい。

県のHPより

県内の各漁協における放流状況などの前にまずは各フィールドへのアクセスが気になるところではあるが、2月現在は北丹沢の動脈である道志道(国道413 一部期間により通行止め)の復旧は完了しているものの、他はかなり厳しいものとなっているようである。

宮ヶ瀬湖方面からのアクセスは厳しい

ところで、県のHPを見る限りにおいては北及び東丹沢の被害が今回の19号台風については甚大であったようである。

宮ヶ瀬からの通称「裏ヤビツ」から入ると通行止めのゲートが現在あり案内もされている。

宮ヶ瀬霊園前の現地案内

とはいっても、表ヤビツから塩水橋まで行けても境沢林道や塩水林道も被害があり、各林道ともに通行止めの様子。

宮ヶ瀬霊園前の案内によれば、本谷や塩水川など周辺の中津川上流主要釣り場へのアクセスはいずれにしても困難だろうと判断できそうだ。

北丹沢早戸川水系

残る一大支流の早戸川周辺はというと、こちらも被害があったようだ。

国際マス釣り場上流の早戸川林道
ゲートも再び閉ざされ、上流部へは余儀なく徒歩を強いられそうだ
水沢林道も通行止め

北、東丹沢で被害のあった林道の状況を以下にまとめてみた。

県のHPによるところ、全線通行止めとなっている林道は、(”林道”省略) 荒井、早戸川、伊勢沢、金沢、東南、小野、神の川、栃谷坂沢、法華峰、熊谷沢、本谷、塩水となっており、PDF:丹沢大山管内 令和元年台風19号調査まとめ より確認していただきたい。

表、西丹沢は19号の被害薄か?

こちらも、県のHP 管内林道の通行止め等のお知らせ などから確認してほしいのだが、白石林道の通行止め規制以外は、以前からの規制意外には変化はないようにみられる。

しかしながら、ユーシンまでの玄倉林道などをはじめとする各林道も引き続きの被害によって先行きは不透明。

丹沢全域において、前年度2019の台風19号被害は広範囲に及んでおり、登山道やフィールドまでに使う細かな経路など状況の情報は未だに薄いところである。

追って各漁協などの放流状況などとともに情報が入り次第、このページは更新していきたいと思うが、源流までの釣行などは特に解禁を前にくれぐれも個人的に情報収集を十分にしていただいた上で今シーズンのスタートを切っていただきたいと願うばかりである。

タイトルとURLをコピーしました