タマガワホトトギス

相模の野と山の花 タマガワホトトギスとは

本種は山地の沢など谷沿いに見られるユリ科ホトトギス属の多年草です。

葉は広楕円形で長さ8~18cm、基部は茎を抱き、茎頂や上部葉腋に数個の黄色い花をつけます。

また、 タマガワホトトギスは宮崎県に分布するキバナホトトギスの亜種と言われており、別名のキバナホトトギスは同種との考えによるところが大きいのだろうが混同しがちである。

和名については、京都府井出の玉川に由来する。

学 名 Tricyrtis latifolia
和 名 玉川杜鵑草
科目名 ユリ
属 名 ホトトギス
分 布 北海道、本州(日本海側)、九州
生育地 山地の谷沿いや湿った林内
分 類 多年草
花 期 7〜9月
花の色 黄色  
高 さ 40~80cm