キツネノカミソリ

相模の野と山の花 キツネノカミソリとは

本種は本州から九州の山地や丘陵に見られるヒガンバナ科ヒガンバナ属 の多年草です。

草丈は30〜50cmになり、黄赤色の花を散形状に3〜5個つける。

花は、よく似た近縁種のヒガンバナに比べて花被片は斜めに開いてそり返らない形骸的な特徴を持つ。

雄しべが花から突き出る関東以西に見られるオオキツネノカミソリとの混同に注意が必要。

学 名 Lycoris sanguinea
和 名 狐の剃刀
科目名 ヒガンバナ
属 名 ヒガンバナ
分 布 本州~九州
生育地 山地や丘陵の草地
分 類 多年草 ( 多年生草本球根植物 )
花 期  8〜9 月
花の色  概ね橙色  
高 さ  30〜50cm 程度