ツルシロカネソウ

この記事は約1分で読めます。

本種は落葉樹林の林床に生える小型の多年草で、草丈は10~20㎝ほどの可憐な花です。

スポンサーリンク

相模の野と山の花 シロツルカネソウとは

類似種や近縁種も多いのが、ニリンソウなどよりは一回り小型で繊細な感じがする。

植物学上はニリンソウなどのイチリンソウ属ではなく、サバノオやアズマシロカネソウと同じシロカネソウ属に属する。

学 名 Viola mandshurica
和 名 蔓白金草
科目名 キンポウゲ
属 名 シロカネソウ
分 布 関東~近畿
生育地 低山などの山地の森林
分 類 多年草
花 期 4~5月
花の色 白色
高 さ 5〜20cm
別 名 ツルシロカネソウ

タイトルとURLをコピーしました