オカタツナミソウ

相模の野と山の花 オカタツナミソウとは

本種は本州から九州の山地や丘陵の林内や草地の木陰に生える20〜40㎝の多年草 です。

タツナミソウに似るが、花序は上下に長くならずにほぼ同じ高さに花が集まってつき、その花の色はタツナミソウよりも淡く上部の葉は集まってく。

また、中下部の葉の節間が長く下部の葉が小さいために全体のシルエットが逆三角形になることが多く、茎には下向きのあまり長くない毛が密に生える特徴があります。

学 名 Scutellaria indica
和 名  立浪草
科目名 シソ
属 名 タツナミ
分 布 本州~九州
生育地 山地や丘陵の林や草地
分 類 多年草
花 期 5〜6月
花の色 淡青色  
高 さ 20〜40cm 程度