ヤマツツジ

本種は山地などの林や草原で普通にみられる落葉低木です。

相模の野と山の花 ヤマツツジとは

樹高は1~6mほどで、 枝先に漏斗形の朱色の花をつけ、花冠は漏斗型で先が5裂、 花びらの一片に濃い斑点、おしべは5本。

互生に葉は付き、卵形か楕円形で両面とも毛が生えてい ます。

学 名 Rhododendron Kaempferi
和 名 山躑躅
科目名 ツツジ
属 名 ツツジ
分 布 北海道南部から九州
生育地 山地、丘陵地の林内や草原
分 類 落葉低木
花 期 4〜6月
花の色 朱色~赤色
高 さ 1〜6m
別 名