ジロボウエンゴサク

本種は川岸や低地の草原などに生えるケシ科キケマン属の多年草です。

相模の野と山の花 ジロボウエンゴサクとは

草丈は10〜20cmほど。

全草が白みを帯びた緑色で、やわらかく小型で繊細な姿をしています。

花は長さ1.2~2.2cmの筒状で、1~2cmの紅紫色~青紫色の花を総状に咲かせます。

和名にある次郎坊とは、太郎坊(スミレ)に対する方言名だそうです。

学 名 Corydalis decumbens
和 名 次郎坊延胡索
科目名 ケシ
属 名 キケマン
分 布 本州(関東以西)・四国・九州
生育地 川岸や低地の草原
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 淡紅紫色、淡青紫色
高 さ 10〜20cm