シロヤシオ

本種は太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹です。

相模の野と山の花 シロヤシオとは

ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となり、枝先に5枚の葉が輪生状に付くので、別名をゴヨウツツジ(五葉躑躅)と呼ばれる。

丹沢では5月の中旬から下旬にかけて咲く、檜洞丸のシロヤシオが有名ですが、他にも丹沢三ツ峰や塔ノ岳北面などでも見られます。

樹高は5~6mほどで、枝先にロウト形の白色花を1〜2個ずつ咲かせます。

学 名 Rhododendron quinquefolium
和 名 白八汐
科目名 ツツジ
属 名 ツツジ
分 布 本州(東北〜近畿)・四国
生育地 太平洋側の山地
分 類 落葉低木
花 期 5〜6月
花の色 白色
高 さ 4〜6m
別 名 ゴヨウツツジ