ガクウツギ

本種は、山地の林下などで見られるユキノシタ科アジサイ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 ガクウツギとは

樹高は1~2mほどで、幹はよく枝分かれし、ウツギ(空木)に似た茎や葉を持ち、対生します。

表面に緑色でやや光沢がある葉身は、長楕円状披針形で先は尾状に尖り、縁には低い鋸歯がある。

初夏にガクアジサイ(額紫陽花)に似た白い装飾花を咲かせます。

早戸川林道

学 名 Hydrangea scandens
和 名 額空木
科目名 ユキノシタ
属 名 アジサイ
分 布 本州(関東以西、太平洋側)・四国・九州
生育地 山地や丘陵
分 類 落葉低木
花 期 5〜6月
花の色 白色
高 さ 1〜2m
別 名 コンテリギ、スッポン、トーシン、ツキダシ