ミツバツチグリ

本種は日当たりのよい丘陵地、草原などにみられるバラ科キジムシロ属の多年草です。

相模の野と山の花 ミツバツチグリとは

草丈15~30cmで、葉は3枚の小葉からなり、花茎に径10-15mmの黄色い5弁花を10数個咲かせます。

キジムシロに似ますが、ミツバツチグリは3枚の小葉に対し、キジムシロは奇数羽状複葉です。

mitsubatsuchiguri02

学 名 Potentilla freyniana
和 名 三葉土栗
科目名 バラ
属 名 キジムシロ
分 布 本州・四国・九州
生育地 日当たりのよい丘陵地、草原
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 黄色
高 さ 15~30cm