ハルトラノオ

本種は山地の木陰、やや湿った場所に生えるタデ科イブキトラノオ属の多年草です。

相模の野と山の花 ハルトラノオとは

草丈3~15cmほどで、葉は卵形または卵円形。

花は茎の先端に2~3㎝の総状花序を付け、花弁はなく白く見えるのは顎です。

虎の尾に似て、春に咲くことから和名はつけられており、神奈川県内では西丹沢で多く見られるようです。

harutoranoo02

学 名 Bistorta tenuicaulis
和 名 春虎の尾
科目名 タデ
属 名 タデ
分 布 本州・四国・九州
生育地 山地の木陰のやや湿った場所
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 白色
高 さ 15〜20cm
別 名 イロハソウ