ダンコウバイ

本種は野山の落葉樹林内や林縁に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉小木の一種です。

相模の野と山の花 ダンコウバイとは

中国、朝鮮、日本に分布し庭木などにも利用され、樹高2.5~6m、幹の直径は約18cm前後。

葉の展開前に黄色い小さな花を枝に無数に開花させます。

花はアブラチャンやサンシュユに似ますが、開花はサンシュユに比べるとやや遅いようで、アブラチャンとの区別の仕方は花に柄がない特徴を持ちます。

丹沢の早春でもポピュラーな花のひとつです。

学 名 Lindera obtusiloba Blume
和 名 壇香梅
科目名 クスノキ
属 名 クロモジ
分 布 本州(関東・新潟以西)・四国・九州
生育地 野山
分 類 落葉低木
花 期 3月下旬〜4月
花の色 黄色
高 さ 2〜5m
別 名 ウコンバナ(鬱金花)、シロジシャ