ミヤマカタバミ

この記事は約1分で読めます。

本種は山地の林の下に生えるカタバミ科のカタバミ属の多年草です。

スポンサーリンク

相模の野と山の花 ミヤマカタバミとは

草丈5〜10cm。地下茎から長い葉柄を出し小葉を3枚付けます。

3~4月頃に白い5枚の花弁の花を咲かせます。

相模原市緑区

学 名 Oxalis griffithii
和 名 深山傍食
科目名 カタバミ
属 名 カタバミ
分 布 東北南部〜中国・四国
生育地 山地の落葉広葉樹林などの林床
分 類 多年草
花 期 3〜4月
花の色 白色
高 さ 5〜10cm
別 名 カントウミヤマカタバミ 、エイザンカタバミ 、ヤマカタバミ

タイトルとURLをコピーしました