アリアケスミレ

本種は路傍、荒地などでふつうに見られるスミレスミレ属の多年草です。

相模の野と山の花 アリアケスミレとは

やや湿った場所を好むが、丈夫で市街地にも生え、和名は花の色が有明の空のように変化に富むことに由来しまするといわれています。

草丈は5〜10cmほどで、根元から花茎を延ばし(立ち上がる茎を持たない)、花色には変異が多いが、白地に濃紫色の筋が入った花を付けます。

花は長さ2.5cmで白を基調とするが、花茎は高さ9~12cmで、葉より高くなることはない。

本種は人里近くによく見られ、葉の形はスミレとよく似たヘラ形です。

学 名 Viola betonicifolia var. albescens
和 名 有明菫
科目名 スミレ
属 名 スミレ
分 布 本州・四国・九州
生育地 平地・丘陵地の湿所
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 白色
高 さ 5〜10cm
別 名