ヒナスミレ

この記事は約1分で読めます。

本種は山地の明るい林のふちや林内にみられるスミレスミレ属の多年草です。

スポンサーリンク

相模の野と山の花 ヒナスミレとは

草丈5㎝ほどで、スミレのプリンセスなどと観察には人気のある淡いピンク色の清楚な花を咲かせる。

白花種や葉の斑(ふ)入りの種もあり変化がある。

丹沢では中心部の大山、宮ヶ瀬付近の渓流沿いなどに多くみられます。

学 名 Viola tokubuchiana var. takedana
和 名 雛菫
科目名 スミレ
属 名 スミレ
分 布 北海道(南部)・本州・四国・九州の太平洋側の山地
生育地 山地・低山,森林・林縁
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 桃色(ピンク)
高 さ 約5cmほど
別 名 アラゲスミレ

タイトルとURLをコピーしました