丹沢イワナの顔(沢による種の形態の違い)

かつて、1993年6月発行の白石勝彦氏による、「イワナの顔」にかつて感銘を受けたボクではあるのだけれど、方や全国区における論証とはいかないまでも丹沢山塊における渓流に生息するイワナの形骸的な特徴の違いについて同じような興味を覚えていたので、今回は現時点での考察など記録しておきたいと思った次第である。

スポンサーリンク

丹沢山塊におけるイワナの顔

酒匂川水系や中津川水系、あるいはその本流筋から派生する道志川や秋山川など、釣れてくるイワナの違いに気づかれて疑問に思っていたアングラーの貴兄も少なくはないと言っても過言ではないと確信しているが、何故にこれだけの形骸的な特徴の違いを持ったイワナが丹沢山塊の各沢に存在しているのであろうか?

白石氏の著書の冒頭に予言的なキャッチフレーズとしてイワナ在来種の「最後の記録」とされてはいたが、まさに丹沢を流れる流域においては30年近くたった今では混沌としてしまっているようである。

考えられる要因としては漁協や有志による放流事業の結果が念頭に置かれる。

それに伴った経年による世代的な順応、とくに生態学的に見れば水温・水質などの環境による変化と言ったところも考えられるが、はたしてそれだけであろうか。

しかしながら、長いばかりでそれほどのスキルも乏しいボクであってもこの各河川における上流部のイワナの形骸的な特徴について違和感を覚えざるを言えないところなのだ。

画像は数河川のみだが、これだけ違いがあり、同じ河川でも変化に富んでいるのがわかる。もちろん、サビや婚姻色など時期的な違いを踏まえても同じサケ・マスの類であるヤマメからすると個体差がありすぎる。

現在、丹沢山塊を源とする各河川の最上流部で釣れるワイルドなイワナはかつての放流によるものと思っていただいて間違いはない。

時にアメマスを思わすものやヤマト系のイワナに酷似したものなど形骸的には多様ではあるのだけれどこれらであってもニッコウ系のイワナであることも間違いはないというところだろうと思う。

また、以前にポストした「丹沢の在来イワナを探る」でも取り上げている丹沢産イワナの在来種の存在についてだが、もちろん現在ではないが、かつてはあったのだという。

具体的には道志川水系神ノ川上流域、秋山川流域を北丹沢に含めるとその支流である金山川や王ノ入川、最近までは山梨県側の道志川最上流にヤマト系イワナの存在が知られていたが、この道志川最上流も可能性は低いものとなっている。

環境の変化や釣り人の影響も否定はできないところではあるのだが、放流イワナ(ほぼニッコウ系)との混血化が消滅の一因として大きいのではなかろうか?

放流事業と混血によるイワナ在来種の消滅

面白い話で、諸説様々ではあるが最近の研究では、人類についてもネアンデルタール人は絶滅したのではなく我々現生人類の祖先に混血する形で消滅していったという。

短時間で世代の変わる魚類に当てはめれば、あっという間に生息勢力は塗り替えられてしまうわけである。

いまだに釣りというレジャーのために生産性の高いニッコウ系のイワナが放流され続けている中で、酒匂川漁協などは一部自重されていると聞く。

むろん、放流魚を否定しているわけではなく、ボクを含めて何系のイワナであろうと釣り場の魚影が少しでも多いのは喜ばしい限りではある 。

記録されているだけでも1950年代以降に養殖がしやすいニッコウイワナの放流が一般的になる以前には、アメマス系やヤマトイワナ系の放流も行われているようで、裏付けるかの如く、学術的調査による滋賀県姉川水系由来のヤマトイワナのDNAを持ったイワナの存在確認もある。

また、各漁協による放流に加え、愛渓連など組織的な放流、昭和期の釣りブーム当時に雑誌社で企画された放流など大規模なものから個人による記録にないゲリラ放流などイワナの放流は現在まで繰り返されているのだ。

○○系イワナとする解釈

学術的な見解や解釈としては、丹沢山塊に見られるこれらのイワナは「○○系イワナ」と明記されており、ボクもこれが正しい解釈で結論はないかと思う。

例えば、ある沢で釣れたものが赤色斑点やパーマークなどなく白点の大きさが目立つ特徴が顕著であればアメマス系のイワナであり、白点が不明瞭で小さく赤色斑点が目立つものはヤマトイワナ系といった具合に。

それぞれのイワナの種類については、「イワナの種類」として以前にポストしているのでそちらを参考にされてください。

同じ河川、ポイントから様々な特徴を持ったイワナが釣れてくるあたりが釈然としないところではあるのだが、それだけ形骸的特徴が不安定な生物ということなのだろうか?

しばしば、丹沢を流れる河川で変わった形骸的な特徴を持つイワナが釣れるということで、専門機関に持ち込み判断をゆだねると「ニッコウ系のイワナであった」という結論に達したという話は多い。

あらためて、イワナという魚については不思議な生き物だと実感させられているところなのである。

再放流がなされていない可能性の高い河川においても概ねニッコウイワナ系と認められるものの、あるものはアメマスに近く、あるものはヤマトイワナに近いといった疑いを持ちたくなる形骸的な特徴を持つ個体が多く、もはやカオス(混沌)といった丹沢イワナの現状。

いずれにしても丹沢山塊の各河川に生息する個体を説明するにあたり、「あの沢のイワナは○○系であった。」、あるいは「○○系が多かった。」とするのが適当で、もしそれらしき個体に出会えても在来種を期待して「ヤマトイワナの生息する沢」などとは軽々しくも言えそうにはないと結論に達してはいるのだがいかがだろうか?

Geo Sagami渓魚よもやま話
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Junichi Sasakiをフォローする
桜咲く山々.COM
タイトルとURLをコピーしました