ヨゴレネコノメソウ

本種は山地の沢沿いなど、湿ったところにみられるユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。

相模の野と山の花 ヨゴレネコノメソウとは

草丈は5〜15cmほどで、関東以西の本州から九州に分布する「イワボタン」の変種です。

花弁状の蕚裂片は黄緑色で斜開する特徴を持ち、茎葉は短い柄を持ち1〜2対で灰白色の斑紋が入っています。

イワボタンに似ますが、こちらは葯(やく)の色が暗紫色なのが特徴です。

※「葯(やく)」とは、雄しべの先の、花粉が入った袋

萼片は暗褐紫色〜淡緑色で、ほぼ水平に開き、雄しべは4本または8本。

葯は暗紅紫色で、茎の葉は長楕円形に対生します。

和名は、葉が紫色がかり、灰白色の汚斑があるものが多いことから付けられています。

丹沢では、イワボタンとの中間種的な個体もあり、また「ニッコウネコノメソウ」とも酷似するために種の判断には、しばしば悩まされることが多い種です。

学 名 Chrysosplenium grayanum var. atrandrum
和 名 汚れ猫の目
科目名 ユキノシタ
属 名 ネコノメソウ
分 布 本州(関東以西)~九州
生育地 低山〜山地・渓流・池沼
分 類 多年草
花 期 3〜4月
花の色 淡黄緑色
高 さ 5〜15cm