ニリンソウ

本種は野山の湿潤な場所に見られるキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。

相模の野と山の花 ニリンソウとは

群生することが多く、春山を代表する花のひとつです。

茎に付く葉には柄がなく、その間から1〜4輪の花が次々と咲きます。

若葉は山菜として食用されますが、葉がトリカブトに似るために注意が必要です。

学 名 Anemone flaccida
和 名 二輪草
科目名 キンポウゲ
属 名 イチリンソウ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 平地〜丘陵地の明るい林内
分 類 多年草
花 期 4〜5月
花の色 白色
高 さ 15〜25cm
別 名 フクベラ、ガショウソウ